电子游戏厅里游戏大全_官方投注平台~

图片
ホーム > 大学案内 > 学長懇談会 > 电子游戏厅里游戏大全と産業技術学部卒業生の懇談会を開催しました

电子游戏厅里游戏大全と産業技術学部卒業生の懇談会を開催しました

卒業生の増田氏(右上)?田中氏(左下)?太田氏(右下)と电子游戏厅里游戏大全(左上)

石原保志学長と卒業生との交流を目的に、産業技術学部卒業生との懇談会を開催しました。今年度はオンライン開催となりましたが、和やかな雰囲気の中、現在の仕事内容や入社のきっかけ、コロナ禍での働き方の変化など、在学生や技大をめざす方にとって、将来をイメージしてもらえるような貴重な意見交換の場となりました。

学長 本日はよろしくお願いします。ではまず、簡単に自己紹介を。

増田 2007年に電子工学部(短大)を卒業した増田です。昨年秋に転職して、人事総務の仕事をしています。

田中 2012年に産業情報学科を卒業した田中です。卒業後は大学院の技術科学研究科に進み2014年に卒業しました。現在は個人事業主として、WebやAndroidアプリを開発しているほか、技術補佐員として技大に勤務しています。

太田 2018年に総合デザイン学科を卒業した太田です。全国紙の新聞社で新聞や電子版に掲載されるグラフやイラストの作成、デザインを担当しています。

懇談会中の学長
手話を使って話す电子游戏厅里游戏大全

学長 今の仕事を選んだ理由やきっかけは?

増田 卒業後は半導体設計の仕事をしていましたが、結婚を機に退社し、昨年9月に今の会社に入って人事総務を担当しています。中途採用の場合、特に半導体関係は求人が少ないため、仕事を探すのが難しかったんです。家庭との両立も考えた結果、今の仕事になりました。たまたま私と同じ誕生日、出身地、血液型の方が面接をしてくださって。色々な接点があったことで話が弾んで、何か通じ合うものがありました。

学長 人事は幅広い知識や情報、総合的な力が求められると思うけど、前職と比べてどう?

増田 難しさは全く違います。前職はとにかく知識と技術。1人で考える時間が長くて、1年2年使って仕事をしていました。今の仕事は色々なタスクがあって、1つのことにかける時間が短く、1日や数十分で多くのタスクをこなさなければならず、時間管理が難しいです。

田中 私は、大学卒業後は一般企業で5年間働いていましたが、?自分は何のために仕事をするのか??という疑問が生まれたんです。もっと聞こえない人のサポートをしたい、仕事をもっと自由に選びたい、と思ったことが転職のきっかけです。今は個人事業主という立場で仕事を選んで、色々な仕事をできるようになりました。技術補佐員の仕事は、技大の先生にご紹介いただきました。個人事業主の仕事だけでは経済的に不安があったので、並行して仕事をしています。

学長 障害に関係無く、1つの会社で一生働くのではなく、様々な選択肢の中に個人事業も含まれている。そういう考え方を持った若い人たちも増えているようだね。

太田 私は3年生の時に職場見学で今の会社に行きました。その時の職場の雰囲気や仕事内容が、自分に合っていると感じたのが大きかったです。職場には聞こえない先輩が4人いるのですが、その先輩たちが部署内に聴覚障害者に対するイメージや接し方を浸透させてくれたおかげで、コミュニケーションの面で困ったことが無いくらいです。そういう意味でも今の仕事を選んで良かったなと思います。

田中氏勤務風景
田中氏勤務風景

学長 新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務をしている方もいると聞きました。コロナ禍での働き方をどう感じていますか?

増田 出勤は月に1?2回で、それ以外は在宅勤務です。対面の会議がないと意思疎通が難しいと思います。でも、メールの内容を少し変えてみたり、Webサービスを使ったりなど、情報交換のやり方を変えることで調整しています。

学長 直接コミュニケーションを取れないのはやっぱり困る?

増田 はい。感情が相手に伝わりにくいと感じます。怒っているのか悲しんでいるのか、文章だけだとわからない。顔を合わせれば表情を見て話せますから。

田中 私もコミュニケーションはメールやチャット、テレビ会議が多いです。インターネットを使った仕事なので、仕事上困ることはあまり無いのですが、人と会わないことで自分だけが仕事をしているような孤独を感じることがあります。それとやはり、相手の顔が見えないことで気持ちや感情がつかみにくいですね。そうした気持ちの問題が大きいと思います。

太田 出社は月に6日か7日くらい。その他は在宅です。人と顔を会わせる機会は減りましたが、もともとコミュニケーションが活発な職場なのであまり気になりません。逆に良かったことの方が多いと思います。例えば、上司に対して?このデザインはこうした方が良くないですか??といった、自分の意見を堂々と言えるようになりました。文字ベースのチャットを使っているので、相手の表情を気にしなくて良いという点が大きいのかなと。

学長 確かにメールやチャットの方が、かえって聞こえる人とのハンディを少なくできるということも聞きますね。

1 2 [次ページへ]