电子游戏厅里游戏大全_官方投注平台~

图片
ホーム > 电子游戏厅里游戏大全情報 > 【重要】2学期の授業に関する学長メッセージ(8月13日更新)

【重要】2学期の授業に関する学長メッセージ(8月13日更新)

学生の皆さま

学長 石原 保志

  1. 学部1年生

    本学では、1年生の皆さんには2学期から対面授業を行う旨をお知らせしていました。しかし、現在の新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況に鑑みると、2学期も引き続き遠隔授業を実施せざるを得ないとの判断に至りました。したがって1年生は1学期同様、すべての授業が遠隔方式となります。

    入学以降、一度もキャンパスに登学することができず、パソコンやタブレットPCで授業を受けることに精神的なストレスが溜まっている学生がいることをたいへん憂慮しています。皆さんのストレスを軽減する方策について、大学は懸命に考えており、遠隔でのカウンセリングや学生交流イベント等についてあらためて皆さんにご連絡をいたします。

    なぜ小?中学生が校舎で授業を受けることができ、大学生がキャンパスで授業を受けられないのか。このことは多くの大学の新入生が感じていることです。

    大学は小?中学校とは異なり、広い地域から学生が集まります。特に筑波技術大学は全国各地から学生が入学している大学です。新型コロナウイルス感染症は全国的に感染が拡大し、いつどこで誰が感染しても、おかしくない状態にあり、このような状況下で、自宅から大学までの移動又は通学することを前提として、対面授業を全面的に実施した場合、学生の皆さんの感染のリスクを高めることが懸念されます。

    今回の決定は、大学としては本当に苦渋の決断です。いったんは対面授業を予定したのに、これを覆すことになり、大変心苦しく思います。

    しかし、1年生の皆さんは、いつかは同級生や先輩、教員と対面できることを願って、自らの工夫で生活と学修のリズムを作るようにしてください。この工夫や努力は、将来、皆さんが社会に出た後の新たな働き方にも繋がるものです。そのようなことを意識すると、今よりもこの状況を前向きに捉えることができるかもしれません。

  2. 学部2~4年生及び大学院生

    1学期同様に、原則、遠隔方式により実施します。学生は、現在居住している場所で受講してください。

    同時に、国家試験受験資格取得等のための実技実習系科目(2年生以上が対象)の一部については、2学期新たに対面方式で実施します。対面授業を行う科目については、別信の通りです。ただし、現在、自宅に居住しており、感染のリスクから対面授業の参加に不安がある学生は、無理に登学する必要はありません。そのような学生に対してはテレビ会議システム等を用いて授業の様子を同時配信する等、必要な配慮を行います。

  3. すべての学生の皆さん

    オンライン授業であっても、自らの工夫で生活と学修のリズムを作るようにしてください。この工夫や努力は、将来、皆さんが社会に出た後の新たな働き方にも繋がるものです。そのようなことを意識して、2学期の学習に取り組んでください。

    以上

    (総務課広報?情報化推進係/2020年8月13日)