电子游戏厅里游戏大全_官方投注平台~

图片
ホーム > 学生?教職員の活動 > 本学大学院生が国際会議ACHI 2020で発表

本学大学院生が国際会議ACHI 2020で発表

授業を実施する中村さんと、スマートスピーカーを前にする生徒さん達 本学大学院技術科学研究科産業技術学専攻2年 土屋智彦さんらの論文が、2020年11月21日(土)?25日(水)にスペインのバレンシアで開催された The Thirteenth International Conference on Advances in Computer-Human Interactions (ACHI 2020) に採択され、口頭発表しました。 発表した論文のタイトルは「Sensor Glove Approach for Japanese Fingerspelling Recognition System Using Convolutional Neural Networks」です。

土屋さんは、ろう?難聴者と聴者のスムーズなコミュニケーション実現のため、データグローブを用いた指文字認識の研究に取り組んでおり、 その成果について発表しました。新型コロナの影響により、オンラインでの開催となりましたが、ASLと英語字幕による発表動画を予め作成することで、 多くの方々に視聴して頂けました。

発表のアーカイブが以下のリンクから閲覧できますので、よろしければご覧ください。 https://www.shiraishi-lab.org/home/project/sign-recognition 発表論文:Tomohiko Tsuchiya, Akihisa Shitara, Fumio Yoneyama, Nobuko Kato, Yuhki Shiraishi, Sensor Glove Approach for Japanese Fingerspelling Recognition System Using Convolutional Neural Networks, Proceedings of The Thirteenth International Conference on Advances in Computer-Human Interactions (ACHI 2020), pp.152-157, Valencia, Spain, 2020

写真は、土屋さんがYouTubeで発表している様子です。

(産業技術学部 白石 優旗/2021年2月9日)